レーザーの性能|AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

男性

レーザーの性能

レーザー治療

レーザーで加工するには

レーザーとは光学的増幅による誘導放出照射(Light Amplifrction Stimulated Emission Radiation)のことであり、英語の頭文字をとってLASERと呼んでいます。レーザーの種類には固体レーザーや気体レーザー、半導体レーザーなどがあります。レーザー加工するには主にCo2レーザーやyagレーザーが主に使われています。金属の切断や溶接などの加工するには、ひずみの少なさや仕上がりの良さ、継ぎ手の操作の良さなどを重視する面では効果がある反面コスト面や装置のサイズが大きい、人体による悪影響などの問題点もあります。一長一短はありますが、金属やプラスチックの加工などのレーザーなどの組み合わせも可能にしています。

レーザーの良さは

レーザー加工手メインになっている素材はCo2レーザーやyagレーザーの二種類存在していますが、co2レーザーは高出力が見込まれる反面光線が水に吸収しやすいという問題があり。主に金属彫刻などに使用されているので、水分の吸収度合いにより濃淡をはっきりしやすい特徴があります。一方、yagレーザーは高出力は高出力は期待できないものの、光線が水に吸収されずに照査できるメリットがあります。一般的な金属加工にはyagレーザーが使用されています。yagレーザーには金属の切断や溶接など微細な位置でも溶接や切断ができるようになり、光線の調節により、溶接度合いの調整なども可能になり、仕上がりもよく、ひずみの少ない工作物の製作も可能になります。