生産ラインのトラブル防止|AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

男性

生産ラインのトラブル防止

工場

損傷の原因

ベルトコンベアーは土砂や農作物から回転寿司まで、さまざまな物を搬送しますが、なかでも重要な役割を果たしているのが工場の生産ラインです。万が一ベルトコンベアーが切れて生産ラインが止まってしまうと、再開するまでの間に大きな損害を蒙ります。すぐに修理できるよう、在庫を揃えておくことは大切ですが、切れる可能性が低いベルトまで大量に在庫するのもコストの無駄です。ベルトコンベアーが損傷する原因としては、経年劣化のほかに蛇行や片寄りが挙げられます。蛇行しているだけならともかく、ベルトが搬送物以外の物に接触すると、寿命を大きく縮めることになります。こまめに状態をチェックし、不具合を修正していれば、損傷を防ぎベルトコンベアーを長持ちさせることができます。

症状と修理方法

一般的なベルトコンベアーはゴム製なので、時間とともに劣化することは避けられません。縁がほつれてきたり、穴が空いたりしたときは、その部分だけパッチを当てるなどの処置を行ないます。切断した場合は、ベルトをすべて交換する以外に、切れた部分を接合する方法もあります。蛇行したりベルトがたるんだり、スムーズに動かない等の症状は、ローラーやモーターに原因がある場合もあります。症状に応じて、微調整と部品の取り替えが必要になります。同じベルトでも使用状況や搬送物によって、耐用年数は異なります。さまざまなトラブルの際に緊急対応できるベルトコンベアー修理サービスは、生産ラインの停止を最小限に抑えられるため人気があります。