AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

AEDで助かる命がある|もしもの時の救命医

作業員

少しでも高く売るために

男の人

中古機械の買取店が多い大阪は、需要と供給のバランスが良いため取引が有利になります。全国対応店も豊富ですので、自社エリアだけでなく大阪も候補に入れると良いでしょう。専門店は適正で納得のいく取引が実現し、今後の有利な買取が期待できます。インターネットを活用すると取引候補のさまざまな情報が得られます。

もっと読む

レーザーの性能

レーザー治療

yagレーザーは仕上がり度合いやひずみの少ない工作物の製作に向いている反面、コストや人体への悪影響の問題などの課題があるものもあります。しかし、電気溶接などの組み合わせで出来の高い工作物の製作にはyagレーザーを取り入れたほうが良いでしょう。

もっと読む

設置は社会的義務

ハート

保守点検は必須

今、AEDの設置が注目されています。AEDが設置されていれば助かる命が想像以上に多いからです。企業が真剣に取り組む中、その設置数は拡大されています。しかしまだまだ必要数に及ばないのが現状です。短期間のイベントなどであっても人が集まることを想定するのであれば、企業の責任としてAEDを準備することが社会的に求められています。しかしAEDの設置は決してたやすいものではありません。購入となると数十万円する機会になります。もちろん消耗品の交換などは定期的に実施しなければならないとともに、定期的な保守や点検も必要になります。いざ使用しようとしたときに使えないことが一番問題になっているからです。そのため機種選びなども慎重に行う必要があります。

中古品は購入しない事

メーカーが販売しているAEDは厚生労働省の認可を受けた機械になります。そのため安心して使用することができます。しかしAEDの耐用年数は、8年程度が限界です。それ以上は使用することができません。また定期的な保守や点検を欠かせず行うことが条件となっています。特にバッテリーに関しては消耗する部品であるため、動作確認とともに、一定期間を経過すると使用していなくても交換することが必須なのです。安く購入するために中古品なども販売していますが、耐用年数や保守状況が不明であるために安易に手を出してはならないのです。短期間しか使用しないのであれば、レンタルなどを利用することがおすすめになります。あくまでの医療機器であることを認識しておく必要があります。

生産ラインのトラブル防止

工場

ベルトコンベアーが損傷すると生産ラインに重大な影響を及ぼすため、こまめに不具合をチェックすることが大切です。ベルト損傷の原因には経年劣化や蛇行や片寄りなどがあり、それぞれに適切な修理を行なう必要があります。

もっと読む